top of page

事業内容

SERVICE

計装部門

計装部門

計装点検

快適な空間環境の維持を目指して

空調制御による快適な空間環境を最適な燃料効率で、維持管理することを目的にした保守業務を目指しています。

正確に計測する機器のデータと、最適化されたプログラムをもとに電子的にシステム制御することで実現しています。

計装点検の流れ

弊社では、以下の流れで点検を行います。

計装点検打ち合わせ

1. 施設訪問・打ち合わせ

各施設を訪問し、そこに設置されている計測器の精度確認を調整します。

計装点検

2. 計装点検

機器に設定されいるモードの制御動作を確認調整して最適化を実施します。

アフターメンテナンス

3. 点検報告書の作成及びアフターメンテナンス

点検報告書は弊社で作成し、ご提出させていただきますが、 点検報告は、特定の期間、一定の報告が義務化されています。防火対象物関係者が、消防長又は消防署長(消防本部のない市町村は市町村長)へ直接または郵送(消防長または消防署長が適当と認める場合)にて提出します。

内容と期間

冷房切替点検 暖房切替点検 1年間 総合点検 契約期間1年間

ご契約内容にもよりますが、1年を通じて冷・暖房切替点検、総合点検を行っています。その中で発生した不良機器の改修業務やより良い環境を最適な燃料効率でご提供できるような提案業務も行います。

取扱計装設備

アズビル(旧ヤマタケ)の製品を取り扱い、その機器の自動制御の保守メンテナンスを行います。

アズビル製品について

計装業務は難しい分、理解するにつれ仕事が楽しく

計装部門先輩インタビュー

計装部門・田村さん

Interview

bottom of page